201005
院長プロフィール
整骨院のご案内
診療時間・治療費のご案内
治療案内
快・通信
交通事故について
ブログ
 
 
 
2010.10 Vol.6

 

痛みとストレスを和らげる「セロトニン」  



めまぐるしく変化し続ける現代社会の中、私たちが不規則な生活や複雑な人間関係にさらされ、様々な痛みやストレスを抱えて生きています。日々の生活で感じる痛みやストレスをどうすれば和らげることができるのか?

そこで、最近注目を浴びているのが、セロトニン

セロトニンとは神経伝達物質の1つです。大脳を覚醒させ、自律神経や姿勢をコントロールします。また、痛みの調節にも重要な役割を果たします。

脳内物質であるセロトニンが脳に十分分泌されない状態になると、大脳の覚醒が十分に起こらないし、心の面では元気がなくなり意欲が落ちて、集中力も落ちてしまうのです。肉体的には不定愁訴のような痛みも出ますし、姿勢も悪くなり、自立神経失調症的な症状もでてきて、痛みのなどの症状につながることもあります。

そこで、セロトニン神経を日常的に強める行動を3つ紹介します。

1.  リズムの運動・・・呼吸や歩行。咀嚼(噛む)ことなど。
2.  太陽の光を浴びる。
3.  セロトニンを合成する材料になる「トリプトファン」という必須アミノ酸 を食事で摂取する。(主に豆乳・乳製品・赤身の魚・ケール・バナナなど)

どんなに疲れていても、必ず朝はやってきます。少しでもいい気持ちで一日を過ごすために、このようなことを試してみてはいかがでしょうか?

バナナを片手に、晴れた日外をウォーキングするだけでいいのです!

それでは、今回はこの辺で失礼します!

 


Copyright©2007 konkurai.jp.All Rights Reserved.
 
倉橋はり灸整骨院