201005
院長プロフィール
整骨院のご案内
診療時間・治療費のご案内
治療案内
快・通信
交通事故について
ブログ
 
 
 
2011.01 Vol.7

 

冬道の歩き方 

 さて、年も改まりましたが例年にない寒さが続いております。木は枯れ、
 雪が降り、路面は・・・

 ・・・そう!路面は凍っているのです。この季節、ツルツルの路面を歩いて
 いる際、滑って転んで痛い思いをした方も少なくないのでは・・?

 そこで、新年一発目!今回のテーマは冬道の歩き方についてお話 
  させていただきます。

 靴の選び方

 女性の方はハイヒールで凍結路面を歩くには無理がありますし、絶対に 寒いですよね!

 ハイヒールでも転ばない「つわもの」の方も多いでしょうが、やはり無難な のがブーツです。しかも、かかとの低いものが歩き易いでしょう。

 男性は靴底に滑り止めの装着が望ましく、スニーカーでも溝が深いもの を選んで下さい。意外かもしれませんが、少々危険なのがアウトドア用シ ューズで、底が固めなものは滑り易いので注意して下さい。

 ◎基本姿勢!(歩行)

 まず、体重はやや前にかけます。若干前かがみ姿勢で、歩幅は 小さ目、足を路面に接地する時は爪先・かかとも同時に。
 まるで水面を歩くがごとし(笑)
 
  とにかく力を抜く事がポイントです。 

 そうかと言ってひよこのような「ちょこちょこ歩き」になると、足元 ばかり気になって、前から来る人にぶつかることもありますので、 あくまでも視線は前へ。急がずに慌てずに・・・

 

 

 ◎転倒した場合・・・

 万が一転んで手をついた場合は、手や腕を打撲骨折したり氷で手のひ らを切る事もありますのでご注意ください。それと、『頭を打たない!』こと も十分気をつけてください。場合によっては生命にかかわる怪我にもつな がりますので・・・。

 冬道、本当に恐ろしいです!患者さまからも、最近『転んだ…』という話を 何度か聞きました。転倒して怪我をしてしまった場合は、程度にもよりま すが痛みなどは我慢せず、当院や整形外科などを受診されることお勧め します。それでは、今回はこの辺で失礼します。 

 

(参考:富士フイルム札幌営業所 冬道の歩き方)



 


Copyright©2007 konkurai.jp.All Rights Reserved.
 
倉橋はり灸整骨院